たまひの蝸牛…

クラシックの演奏の感想中心に記載しています。良い悪いではなく好き嫌いでの評価ですので参考にならなかったらすみません

当ブログはアルバムの紹介画像に一部アフィリエイト広告を利用しています

サウンドボックスとコロムビアG-50

だんだん蓄音機のブログとなりつつある今日この頃。

ビクトローラJ2-12は、サウンドボックスが到着後即崩壊してしまったので、とりあえず聴ける様にする為に、オクやフリマで、サウンドボックス探しますが、ビクター用はなかなか出ず、出ててもちょっとお高いので、とりあえず、コノムビア用のサウンドボックス2つ購入してみました。

tamahi-channel.hateblo.jp
tamahi-channel.hateblo.jp

入手したサウンドボックス(歌口)

Columbia No.8とNo.29

Columbia No.8?

オクで700円前後で落札。
コロムビアサウンドボックスは、No.9やNo.15が名機として有名ですが、No.8らしいサウンドボックスは、人気が無く1000円未満で購入できました。

早速分解してメンテナンスと思いましたが、バックカバーが嵌め込みになっていて、経年のサビや汚れ、ダンパーゴムの劣化などで固着してしまって全然開かない。

振動版までたどり着くのは諦めてその他のメンテナンスだけしました。

そのままでは、Victrola J2-12 の口には緩いので、自己融着テープ巻きつけて隙間調整して接続して音出ししてみました。

最初はアーム部が固すぎて音飛びしまくりましたが、調整してなんとか再生できました。

音量が小さめで、低音も高音もあまり出てない感じで音が丸い。

Thorens Excelda のサウンドボックスの方が音量も出て、高音も低音も出てはっきりした音に感じます。

Columbia No.29

Columbia No.29は、戦後の製品に使われていた物らしく、他のサウンドボックスと比較して100g未満と軽量で、そこそこ音が良いらしい。

フリマで見つけたので購入したのですが、届いて開封したらアームが振動板突き抜けて貫通して5mm位の穴空いている〜

アームに針つけたままでしたが、梱包時にテープ貼る時に引っ張り過ぎた為に、過度にアームに力かかって貫通してしまった模様。
さらに板とアームは通常ネジで止めてあるのですが、針金がハンダ付してあるよくわからない物でした。

一応ハンダ除去して針金も外し、一旦バラバラにしてメンテナンスしました。
振動版の穴は、ボンディックで無理やり補修して、アームとも取り付けました。
ダンパーゴムはカチカチの棒になっていたので、新しいゴムに交換して再組み立て。

こちらもそのままだと、Victrola J2−12 のアームにはゆるゆるなので、自己融着テープで調整して接続して試聴

音飛びが酷い…。No.8はアームとの接続部にゴムである程度首振る様になっていますが、No.29はプラスチックのバックカバーのみなので、盤の偏心についていけずに、音が飛ぶみたい。

他のアルバムで試したところ再生できました。
こちらはNo.8と比較して振動板が大きい為か低音もよく出ていて抜けも良い感じ。

Victrola純正のサウンドボックスが一番合うとおもうので、聞いてみたいです…

Columbia G-50

コロンビアの蓄音機G-50という型番の商品。戦後に作られたかなり小型の蓄音機で、一番最初に欲しかった蓄音機となります。

コンパクトで音が良ければ、それが場所取らずに良いし、生来小さいもの大好きなので。

ジャンクで見つけて思わず手に入れてしまいました。

届いての第一印象はちっさ!

Columbia G-50とVictrola J2-12の比較

ジャンクでしたので、想像していましたが、サウンドボックスなし、ゼンマイ回すハンドルもなし、自動開始・停止も動作せず。
本体とのネジもところどころなくなっている。

サウンドボックスは、Columbia No.29が接続できるはずですが、アームの取り付け口に、Victrolaのサウンドボックスのアダプタが無理やり嵌め込まれていて全然取れない。

どうやって取ろうかな?

ゼンマイのハンドルはないですが、鉄のパイプや棒を加工すればいけそうな気がします。

自動開始・停止装置は、Eリングとスプリングワッシャーがあれば復活できそう。

と思っていたら、同じ世代の製品のG-51も部品取りで見つけてしまって悩み中。
2こ1でどちらかの完全体ができそう。
G-51はホーン開口部が奥ではなくフロントにある変わった機種
サイズはG-50より若干大きい位なので、こちらも小型な部類ですね。


出典: 蓄音器について

どないしょ

Thorens Excelda ゼンマイ交換しました…

相変わらずしつこく蓄音機いじっています。

tamahi-channel.hateblo.jp

ゼンマイがへたっている気がする*1ので、フリマで合うゼンマイ探して見つかりましたので、ゲットしました。

ゼンマイ新旧比較

蓄音機のゼンマイ
左:元のゼンマイ、右:購入したゼンマイ
こうして比較してみると、一目瞭然。手で触ってみても、反発力が全然違います。

ゼンマイの交換

エクセルダは筐体が小さいので、ゼンマイの香箱もとても小さく直径6cm程度。ここに反発力の強いゼンマイを入れていくのはかなりの重労働。

冬なのに汗が噴き出てきます。
何度も失敗し、両手両腕に乳酸溜めながらやっとの事でゼンマイを収納して組み立てました。

本元のゼンマイと比較して倍位大変な感じです

ゼンマイ交換の結果は?

ゼンマイの交換が終わったので、ワクワクしながらモーター部に仮組してバラック状態ですが、SPのせてテストしてみました。

ドキドキ

じーうにょ〜んうにょ〜んうにょ〜ん

結果は、残念ながらビブラートがかかった音で交換前と後でほとんど改善しませんでした。
ただ、音が大きい箇所で顕著にスピードが落ちる事は無くなりましたので、その点では少し前進かな?

回転ムラは改善しませんでしたので、やっぱりギヤをなんとかしないとダメそうです。
ギヤを手に入れるか、部品取りジャンクを探すか、再度ギヤを調整してみるか否か

*1:取り出したゼンマイ、手で曲げるとその形になっちゃう…

ビクトローラ J2-12 (Victrola J2-12)の整備ひとまず完了しました

先日手に入れた、ビクトローラのJ2-12。その後分解整備とクリーニングが終わりました。かなり綺麗になったかと思いますです。

モーター周り

モーター周りは、古いグリスをパーツクリーナーで洗い流して、新たにグリス塗布しました。ゼンマイの香箱は今回は開けずに様子見です。
オレンジ色のゴムブッシュは溶解していたので、スクレーパーで取り除きました。

ビクトローラJ2-12モーター部のクリーニング前ビクトローラJ2-12モーター部のクリーニング前
ビクトローラJ2-12モーター部のクリーニング前
ビクトローラJ2-12モーター部のクリーニング後ビクトローラJ2-12モーター部のクリーニング後
ビクトローラJ2-12モーター部のクリーニング後

モーター関連は、灯油で洗う方が多いですが、灯油は廃棄の手間があるので、私はパーツクリーナー使って掃除しています。

パーツクリーナーは釣りのリールでも使うので、樹脂対応のAZのパーツクリーナー使っています。速乾性じゃないのでしばらく部品を浸ける事ができて、臭いも少なくて使いやすくおすすめです。

金属パーツ周り

ターンテーブルや、速度調整、オートストップ機構、取手などの金属パーツの洗浄。
全て、クエン酸に一晩浸けてからブラシ等でサビを落とし、見える金属部は、ガンダム用のメッキペンで塗装。
サビらだけだったハンドルも綺麗になりました。

ビクトローラJ2-12錆除去後のパーツ類
錆除去後のパーツ類
ビクトローラJ2-12錆と糊を掃除したターンテーブル
錆と糊を掃除したターンテーブル

塗装に使ったガンダム用メッキペンはこちら

アーム部

アーム部ですが、こちらも錆を落として磨きました。土台の部分は、ダイキャスト製でひび割れたり欠けたりしてましたので、パテで補修後、グリスアップしてベアリングを組み直しました。

台座部分は割れて歪んじゃってて、ネジ穴が他の部品と比較して合わないので、全部のネジ止めれません。
ビクトローラJ2-12アーム部クリーニング中
クリーニング中のアーム
ビクトローラJ2-12アーム土台部補修中
パテでアーム土台部補修中

アームの稼働部分

アームは中間部で、クルクル回ってサウンドボックスの重みで自然に盤面に針が乗る様になっていますが、このアームはそこが硬くて手で押さないと盤面に針が乗らない状況です。

若干軽くなりましたが、まだまだなので現在は奥まで捩じ込まず軽く動く手前で止めています。

木製部

ターンテーブルが乗る中板は、少し削れたりしていたので、磨いてニス塗って綺麗にしました。
ホーン部も中のゴミを綺麗に掃除して開口部にニス塗りました。

ビクトローラJ2-12中板クリーニング前ビクトローラJ2-12中板クリーニング後
中板のクリーニング前を後
ビクトローラJ2-12ホーン部クリーニング中ビクトローラJ2-12ホーン部クリーニング後
ホーン部のクリーニング中と後
掃除しているとあらゆる場所から、針が大量に出てくる出てくる。100本以上回収しました。筐体内部に落ちているのはまだ良いですが、モーター部にグリスで固着しちゃっている針が沢山あって、動作不良の原因になるので、全て取り除きました。
回収した針は使えるかわからないので、もったいないですが破棄

再組み立て

一通りクリーニング終わったので、全てのパーツを再組み立てしました。
大分綺麗になりました。できればあまり好みではない箱の合皮のも貼り換えたい所ですが、今回は見送り。
貼り替えは面倒なので、黒系で塗装するかゴム系塗料で塗装かな?と思います。

ゴム系塗料だとあとで剥がせるので、マットな質感も好みだとゴム系塗料が良いかも?

ビクトローラJ2-12クリーニング後ビクトローラJ2-12クリーニング後
再組み立て後

サウンドボックス

残りはサウンドボックスなんですが、ビクトローラのオルソフォニック(Orthophonic)は、フリマやオクで手頃な値段で手でこないので、コロンビアのNo.8らしいサウンドボックスのジャンク品をオクで購入。
早速メンテしようと思いましたが、裏蓋がはめ込むタイプで錆で固着して全く開かない。構造的に掴んで引っ張る所もなく、開けるのは諦めてトンボまわりの掃除なのみにしました。

試聴

コロンビアのサウンドボックスと、Thorens Excelda のサウンドボックスをゴムかまして取り付けて、手持ちのSP再生してみました。
やはりアームの中間部が硬くて上手く針圧がかからない様で、音飛びしちゃったりします。

だましまだし再生させてみましたが、コロンビアの音はメンテナンスもできていない為か、音量も小さく不明瞭な感じで、Thorensの方が良い音でした。

アーム再調整が必要そうです。

コロンビアは音が大きい反面甲高い感じでしたが、ビクトローラは落ち着いた感じの音の印象です。

モノラル録音を擬似ステレオ化する手順を解説

擬似ステレオ化で結構アクセス頂いている様なので、古いモノラル録音を、フリーソフトで擬似ステレオ化する手順を解説したいと思います。

tamahi-channel.hateblo.jp

使用ソフト

Mac / Windowsどちらにも対応した、Audacityを使います。
色々バージョンが出ていますが、私は 3.1.3 を使っていますのでそちらで説明いたします。

ダウンロードは下記から入手可能です。
www.audacityteam.org

今回はwavファイルで説明しますので、何もしなくても Audacity で読み込めますが、mp3やaac、m4a等は追加でffmpeg等を入れないと読めない可能性がありますが、今回は割愛します。

擬似ステレオの理屈

通常の人の聞こえ方

通常人は左右の耳で音を聞いていますが、同じ音を聞いていても、左右の耳に音が届くのが微妙にずれたり、周りの環境*1によって、音の大きさや音色も微妙に変わって届きます。

これによって、音が出ている箇所の距離感や位置を知覚している訳です。

モノラルの場合

モノラル録音は、本元は1本のマイクで録音している音源ですので、左右2本スピーカーがあっても、全く同じ音が出ている状態となります。

この場合、左右の耳には全く同じ音が届きますので、広がりの無いモコモコした音に聞こえます。

擬似ステレオの理屈

スピーカーから出る音を左右で微妙に異なる音にすれば、人間の知覚が騙されて、少し広がりがある様な感じに聞こえるようになります。

この微妙に異なる音にするのがミソで、難しい言い方をすると左右で音の時間差をつけて、位相を微妙にずらすとそれっぽく聞こえるようになります。

加工前のファイル

加工のサンプルとして著作権切れのクラシックから、クラウス指揮のラデツキ行進曲を使って擬似ステレオ化してみます。

www.youtube.com
たまひ②さんに動画編集してもらいました。

擬似ステレオ化、超絶シンプル版

という事で、超絶シンプルな方法での擬似ステレオ化の方法を説明します。

左右で音を時間差をつけるだけの処理です。これだけでもそれっぽく聞こえるようになります。

操作手順

  • Audacity を起動しファイルを読み込みます。
Audacityでファイルを読み込む
Audacityでファイルを読み込む
  • モノラル音声の場合はトラックが1本なのでコピペして2本にします。
    ステレオ音声の場合は左右のトラックを分離して別々のトラックにします。
Audacity トラックをコピペして増やす
Audacity トラックをコピペして増やす
  • コピーしたトラックをそれぞれ、左(L)、右(R)に変更します。
Audacity トラックをそれぞれLRに振り分ける
Audacity トラックをそれぞれLRに振り分ける
  • +ボタンを何回か押して表示を拡大し、トラックの先頭に移動
Audacity 拡大して先頭に移動
Audacity 拡大して先頭に移動
  • 片方のトラックを全選択して、後ろ(右)にずらします。ずらす量は20〜50ms程度で、再生して試しながらお好みで。
    これだけで、もこもこした音声が微妙に広がった感じが出てきます。
Audacity 片チャンネルの演奏開始をずらす
Audacity 片チャンネルの演奏開始をずらす
  • お好みで残響を付加しても良いかも?
    トラックを全選択した状態で、エフェクトメニューからリバーブを選択すると色々効果が付加できます。お好みで調整して下さい。
Audacity エフェクトのリバーブAudacity エフェクトのリバーブ
Audacity エフェクトのリバーブ
  • ファイルメニューから書き出しを選択して、任意のフォーマットで書き出して完了です。

www.youtube.com
たまひ②さんに動画編集してもらいました。

これで何時でも、聞きやすい擬似ステレオで聴けますね。イヤフォンだとかなり聴きやすくなりますよ〜

擬似ステレオ化、プラグイン利用版

方法2はプラグインを利用した方法です。Audacityにはプラグインという形で色々とエフェクトなどが追加できまして、モノラル音声を擬似的にステレオ化するプラグインもいくつかでています。
その中で、私は Stereo Simulator というVSTプラグインを使っています。
sourceforge.net

操作手順

Audacity プラグインの有効化
Audacity プラグインの有効化
  • ファイルを読み込み2トラックにするまでは、シンプル版と同じ手順
  • トラックを全て選択状態にして、エフェクトメニューから有効化した「Stereo Simulator」を選択
    設定画面がでるので聴きながら色々調整して適用してください。
Audacity Stereo Simulator設定画面
Audacity Stereo Simulator設定画面
モジュレーションは弄ると、うにょ、うにょな音になります。
  • 効果が決まったら適用ボタンでトラックに反映
  • ファイルメニューから書き出しを選択して、任意のフォーマットで書き出して完了です。

www.youtube.com
たまひ②さんに動画編集してもらいました。


擬似ステレオ効果としては控え目ですが自然な感じで聴けます。プラグイン、入れてしまえば、簡単に効果付与できて◯

擬似ステレオ化、もっと複雑版

左右で一部の音域だけ位相ずらしたり、より自然になるような操作は、参考にしたブログにて細かく手順が記載されておりますので、そちらを参照くださいー
r1rawd.cocolog-nifty.com

リンク記載の方法で行うと、クラシックオケでよくある、左が高音、右が低音という風な事もできますよ

Audacityは色々と音の加工ができて便利なので、色々お試しあれ!

*1:壁や障害物など

Victrola J2-12 とニッパー君

何故か?ビクターの蓄音機の Victrola J2-12 が我が家にやってきました💦
さらに、HMVやVictorの商標として有名なニッパーくん(ビクター犬)の置物も

Victrola J2-12

もともと、Victrolaの蓄音機は下記で記載していた通り、J2-7 が気になっていたのですが、物がなかなか出てこないのと、出てきてもお高い?ので、ひとまず別機種のジャンクでも良いので試してみたくて買っちゃいました。

tamahi-channel.hateblo.jp

J2-12 とは?

日本ビクター創立10周年記念モデルだそうです。
木製ホーンですが、広がりがちいさい箇所は、ホーンの上部も囲ってありますが、後半広がった箇所は中板がホーンの上部代わりな作りとなっています。

Victrola J2-12 の木製ホーン
Victrola J2-12 の木製ホーン


それでも金属ホーンが途中で終わっちゃっているコロンビアよりは広がりが素直な感じですね。
なかなかの音の様です。

J2-12 の写真

Victrola J2-12Victrola J2-12 Victrola J2-12 Victrola J2-12 Victrola J2-12 ニッパーくん
Victrola J2-12 の外観

古物(よく言えばアンティーク)なジャンクなのである程度汚れているのは覚悟してましたが、コロンビア以上に汚くて、何度拭いても雑巾がまっちゃちゃになります。
今回は業者から買ったのですが、簡単な清掃もしていない様です。

あと、浪曲?のSPが何故かついてきました…

ニッパーくんのイラストは可愛いですね。

シングルゼンマイの故か、全体的にコンパクトな印象で重さも軽いですね。

届いた箱を持った時は、ダブルゼンマイの212と比較して、軽い!コンパクト!が第一印象でした。
Victrola j2-12Victrola j2-12Victrola j2-12Victrola j2-12
Victrola j2-12 の細部

サビがかなりひどい箇所が、ハンドルも赤錆がすごい。
針ケースは1つ欠損、サウンドボックスは付け根のゴムが歪んでおり、本体も歪んじゃってます。
アームの付け根もガタガタでゆるゆる。

こりゃ綺麗にするのは、骨が折れそうです

試聴

出品時の説明では、針を下ろすと回転が止まるとの事で期待はしていませんでしたが、結果は問題なく再生できました。

ゼンマイの巻くのも軽くて、モーターの調子は良さそう。

ゼンマイが一番厄介なので、これが元気でホッとしますね。

サウンドボックス崩壊

本体は一応うごくのでやばそうなサウンドボックスから分解しはじめました…
ダイキャストのフレームは、素材が悪いのかボロボロで歪んでひび割れています。
カバーはねじが足りないのを無理やり嵌め込んだらしく、歪んじゃっています。
取り付け部のゴムは、伸びちゃって形が変に。

慎重にネジを外して、分解進めます。
トンボと振動板、ネジで止まっているのかと思ったら、接着剤溶かしたらそのままぽろっと振動板とトンボが取れちゃって、振動版に穴が orz…1

そのまま一応分解進めると、トンボを固定する為のビンをフレームから外したら、そのままフレームが取れちゃった orz…2

この状態になったら再起不能なので、分解しなくて良いのですが、一応後学の為に、分解進めます。

ダンパーのゴムは振動板とくっついちゃっているので、ツールクリーナーで慎重に外しました。

オルソフォニックは、コロンビアのNo.15と比較してかなりシンプルですね。

Victrola J2-12 の分解したサウンドボックスVictrola J2-12 崩壊したフレームVictrola J2-12 穴の開いた振動板
Victrola J2-12 の分解したサウンドボックス

届いた初日に再起不能になりました。

幸い?Thorens Exceldaのサウンドボックスは健全なので、そちらを隙間調整して嵌めれば、SP盤は聴けそうです。

日本製のサウンドボックスは、ゴム使ったりして2つともダメになりましたが、Thorensは年代は同じ位ですが、金属メインで多少サビは出ていましたが、全く問題なく使えるという…

純正のサウンドボックスを無理やりパテなどで復活させるか、サウンドボックスだけ探すか、もう一台手に入れるか…

ニッパー

もともとビクター犬ことニッパーくんは好きだったのですが、ビクターの蓄音機手に入れるという事で、中小の2つフリマで購入しちゃいました。
犬って耳立てて、首傾げたりしますよね。可愛いです。

ビクター犬ことニッパーくんビクター犬ことニッパーくん
ビクター犬ことニッパーくん

もっと大きいの欲しくなっちゃいますが、置く場所が…